地域清掃&見守り活動報告 那覇市泊

平成29年11月22日(水)13:00から17:00まで、那覇市立那覇中学校区および泊小学校区の地域清掃&見守りをしてきました。 この活動は、当法人が年2回実施する地域清掃が主体となったもので、毎月行っている見守り地区を清掃しながら見守りするというものです。見守り地区をきれいにすることで、犯罪発生の抑止に貢献するという趣旨です。 13:00 保田隆生・有銘章・小橋川卓也・池田朝彦が集合し、上之屋フレンドパークをスタートし、国道58号、天久緑地、泊高校、泊ふ頭旅客ターミナル、若狭公園、若狭緑地、松山公園、松山交差点、緑ヶ丘公園、崇元寺、泊小学校、上之屋フレンドパークという経路で清掃・見守りしました。 当日の午前中は雨模様でしたが、スタート時は雨も上がり天候に恵まれました。残念ながらその後は小雨や本降りにも見舞われる不安定な天候のなかの活動となりました。 燃えるゴミからカン・びんなどを収集し、計12袋のゴミを収集し那覇市へ引き継ぎました。 活動は、小学校や公園の安全を確認しながら行い、子どもたちが元気いっぱい楽しそうに公園で遊ぶ姿を見かけました。 街の安全を大人たちが維持・提供していくことは、子どもたちが伸びのびと成長していくために大切であると感じました。 活動中に我われに声をかけてくださったみなさま、励みになりました!ありがとう! そして、今回の活動を終えて、見守り活動の総歩行距離が200kmを突破しました! 300kmめざしてがんばるぞー!

平成29年度沖縄県介護保険広域連合事業所集団指導に参加

平成29年11月10日(金)平成29年度沖縄県介護保険広域連合事業所集団指導(読谷村文化センター)があり当法人の保田隆生が講師として参加いたしました。 講義内容は、「高齢者の尊厳をまもる~高齢者虐待防止法から~」と題して、高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律(高齢者虐待防止法)についての内容説明などをさせていただきました。また、集団指導閉会後には個別の相談を来場者から受け、成年後見制度などの説明をさせていただきました。 高齢者虐待などの虐待防止には、経営者や管理職の意識が何よりも大事であると考えます。我われを含めたすべての関係者は、現状に満足せずに常にその発生防止に気を付け、高齢者等の尊厳が守られていくことに尽力したいものです。

第2回「旅するえほん」旅立ち

平成29年11月3日(金)旅人(えほん)たちを宿泊(寄贈)先へお届けしてきました。 14:00 社会福祉法人まつみ福祉会 さくらの子2号館(保育園・豊見城市字高嶺395番地44桜山荘「共に生きる町」たかみね2階)さんを訪問しました。 訪問時は子どもたちの午睡中でしたので、保育園の入り口で園長の金城さんにえほんをお渡ししました。 さくらの子2号館さんでは、まつみ福祉会の職員の子どもの他に、地域の子どもたちの受け入れをされています。 保育目標は、 〇自分のことは自分でする子 〇みんなと仲良くできる子 〇素直で創造性豊かな子 やさしい保育士の先生方とたくさんえほんに触れて、楽しい思い出を作ってください! 14:30 株式会社(秀) 児童発達支援・放課後等デイサービスふぉれすと(糸満市字大里2122番地)さんを訪問しました。 ふぉれすとさんの事業所はなんとログハウス。 そこに広々した庭を有し存在感のある大きなガジュマルの木まで。 まるでワンダーランド。 子どもたちがのびのびと過ごす姿が目に浮かびました。 代表取締役金城さんのお出迎えを受けたのちに、職員さんへえほんをお渡ししました。 豊かな自然環境とログハウスのぬくもり。 そんななかでえほんを手にとって楽しんでいただけたら幸いです!

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square